ダウンタイムを短くする方法

ダウンタイムを短くする方法

皆さんはダウンタイムという名前を聞いたことはありますか?美容整形をしたことがある人や興味を持って調べたことがある人はもしかしたら意味まで知っているかもしれません。ダウンタイムとは簡単に説明すると手術前の生活に戻るまでの期間(時間)のことを言います。

 

 

 

豊胸手術の1つ、脂肪吸引をした人の場合ですと腫れや内出血それに筋肉痛のような痛みを訴えることが多く、個人差もありますがだいたい2〜3ヶ月くらいで症状は治まるようです。

 

 

 

それ以上、掛るようでしたら担当医師はもちろん、違う病院・クリニックの医師に相談してみることをおススメします。通常、手術後はダウンタイムが訪れるまでの間、ガードルやコルセットなどで手術部位を圧迫固定しておきます。これを怠ると余計に時間がかかったり、仕上がりに支障が出てしまう可能性があるのできちんと固定しておくようにしなければいけません。

 

 

 

またシャワーや入浴はいつからして良いのか、運動を始めても良い時期なども事前に医師に確認するようにしてください。1日でも早く、通常の生活に戻りたい!と思うのは当然ですよね。

 

 

 

超音波を使ったマッサージなども有効的のようですが、初めからダウンタイムを短くする方法というのがあります。それは脂肪吸引の最高峰と言われているベイザーリポを行うのです。ベイザーリポは、豊胸手術の1種であり脂肪吸引量や皮膚の引き締まりは他の脂肪吸引法よりも勝っているのが魅力なのです。